30歳シングルマザーの私が貧困問題と補助制度について語ります!
メニュー
シングルマザーへの補助制度

シングルマザーの貧困が問題となっています。
社会保障で受けられるものを見落としてはいないか、
まずはシングルマザーである母親本人が利用できる制度を
しっかり把握しておくことが重要です。

児童扶養手当は、
ひとり親家庭で収入が一定の金額を下回る場合に支給される手当のことです。
収入により支給される月額は全額、一部と変わってきますが、
まずは離婚が決まったときに自分が該当していないか区役所に確認しましょう。

中学生以下の子どもがある家庭に支給されている児童手当は、
子どもと同居している親に振り込まれるものですから、
こちらも離婚後速やかに手続きしましょう。

国民健康保険にも補助制度があります。
ひとり親家庭では子どもについては病院への通院費、
入院費の本人負担がなく、親も入院分は負担がありません。

児童扶養手当を受給している家庭では
小学校や中学校での就学援助も受けられます。
学校諸費の負担が少なくなり、授業で使用する学用品の支給がある
自治体もありますので、必ず手続きしましょう。

その他費用がかかるため塾に通えない子どものために用意された
学習教室なども地域で行っていますので、
このような社会補助制度を確認し、最大限に利用しましょう。

更新情報


Copyright(C) 2015 30歳シングルマザーの私が貧困問題と補助制度について語ります!All rights reserved.